ドラム式洗濯機のメリットとデメリット

一度買うとなかなか次を購入できない洗濯機は慎重に選びたいもの。
どのようなポイントに気をつけれて選べば良いのでしょうか。

最近の傾向として、新しく洗濯機を買うならドラム式と考える人が多いようです。

ただ、ドラム式が全てにおいて優れているというわけではありません。

タテ型とドラム式のメリット、デメリットを理解し、見た目や流行だけに左右されることなく
自分のニーズに合った選び方をする必要があります。

ドラム式は回転ドラムで衣類をたたき洗いするのが特徴で、
洗濯・乾燥を1台でこなすことができ、節水に優れています。

しかし、デメリットとしてはタテ型に比べて高価なこと、やや洗浄力が劣る点があげられます。

一方、タテ型は水流で衣類を泡立ててこすり洗いするのが特徴で、
比較的低価格で、洗浄力に優れています。

しかし、ドラム式に比べて衣類に負担がかかること、水を使う量が多いというデメリットがあります。

例えば、衣類は日常的な汚れ程度で、乾燥機能を毎日使いたい方はドラム式がおすすめですが、
頑固な汚れが多く、毎日外に洗濯物を干せる家庭ではタテ型の方が適していると言えるかもしれません。

意外と忘れがちなのが、洗濯機のサイズとドアの開閉方向に注目した選び方です。

マンションなどの場合、設置場所に洗濯機が入っても、搬入口や廊下を通らないということもあるため事前に確認を忘れないようにしましょう。

また、ドラム式の場合は左右どちらかに扉が開くので、設置したい場所に置いたときに、扉が壁側から開くのでは使い勝手が良いとは言えません。

引っ越しなどが多く設置場所がよく変わるような家庭も、置く方向を選ぶドラム式洗濯機には注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ